無駄遣いしないための10つの方法

無駄遣いしない

無駄遣いしないと決めてもついつい無駄遣いしてしまう。こういった人は多いと思います。

お金がたくさんあるなら無駄遣いしても全く問題ないでしょう。しかし多くの人が限られた収入の中で生活する必要があり、無駄遣いせずに本当に大切なことにお金は使いたいと思っているはずです。

今回はできるだけ無理せず無駄遣いしない方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

何にお金を使うか計画を立てる

無駄遣いしないと決めてもついつい無駄遣いしてしまうのは計画を立てていないからです。あなたは、どんなことにお金を使うのか前もって決めているでしょうか?しっかり計画を立てるほど無駄遣いしなくなります。

何に使うかできれば長期計画、中期計画、短期計画を立てるのが一番いいです。しかし多くの人が実行できないと思います。

だからせめて1カ月何にいくらお金を使うのか計画を立てましょう。家賃、食費、通信費、娯楽費、貯金などざっくりでいいので決めて実行するだけでも随分無駄遣いは減るでしょう。

ピンチにもチャンスにも計画を守る

落ち込んでいるときでも絶好調で思わぬお金が入ってきたとしても自分が立てた計画は守ろう。なぜなら感情が大きく揺れ動いたときは、間違ったお金の判断がしがちだからです。

仕事などで失敗したりして落ち込んだりしても衝動買いするなどお金で気持ちを癒そうとするのはやめましょう。衝動買いすればその時は少し気持ちが晴れても必ずあとで後悔することになります。そういう時は早く家に帰って疲れを取って気持ちを落ち着かせることです。

日々の出費を記録する

ほとんどの人が日々どれくらい出費しているか把握していません。そのため出費を記録するだけで日々の無駄遣いに気づき、減るようになるでしょう。ただ日々の出費を記録するのは簡単ではありません。そのためアプリなど出費を記録する便利なツールがあるのでうまく活用することが大切です。

それでも難しいと思うなら日々のレシートを残しておいて、1週間に1度チェックするだけでも随分違うでしょう。

クレジットカードは使わない

無駄遣いしない最も手っ取り早い方法は、今すぐクレジットカードをハサミで切り刻んで今後使わないことです。なぜならクレジットカードを使うと現金払いより出費がかなり増えることが数々の研究で実証されているからです。

しかしネットショッピングなどクレジットカードがないと不便なことも多いと思います。そのためクレジットカードを辞めてデビットカードに切り替えることをお勧めします。デビットカードだと即時決済なのでクレジットカードと比べると随分無駄遣いは減るでしょう。また借金に悩むこともなくなります。

割引価格に注意して本当に価値があるものか着目する

〇〇割引などセールではついつい無駄遣いしがちです。しかしたとえ8割引きと書かれていても実際は決して安くないこともよくあります。値段をよく見て本当に価値のあるのもなのかよく見てください。

いらないときははっきり断る

何か薦められてなかなか断れない人は多いと思います。しかしいらないならはっきり断ることが大切です。はっきり断らないとずるずる引きずられて買ってしまいかねないです。またどんなにいろんなことをやってもらってもいらないと思ったら断ろう。相手は売ろうとしてやってくれているだけなので悪いなと思う必要は全くないです。

買い物をするときはできるだけ一人で行く

友達と買い物するとついつい見栄を張ってしまい無駄遣いしがちです。そのためできるだけ買い物は一人で行った方がいいでしょう。ただどうしても友達と買い物に行く必要があるときは、前もって幾らまで使うか決めて買い物に行きましょう

疲れていたり感情が高ぶっているときは極力お金を使わない

疲れていたり感情が高ぶっているときは、理性的な判断がなかなかできず無駄遣いしがちです。疲れていたり感情が高まっているときにお金に関する判断が求められたら一晩置きましょう。

そして疲れをしっかりとって冷静な判断ができるときにもう一度考え直すことです。

その商品を買ったら、どの程度使うかイメージしてみる

便利な商品などを見るとついつい買いたくなると思います。しかし購入する前にその商品を買ったらどの程度使うかイメージしてみてください。便利だけどほとんど使う機会がないなら買わないことです。

買う前に時間を置く

商品を選んで、購入するまでに考える時間を持とう。人生緊急に要することはほとんどありません。特に大きな買い物をするときは、即買いすることはやめましょう。いろんな情報にあたって、よく考え、可能なら専門家に聞くのも悪くないでしょう。

無駄遣いしないのは簡単ではないですが、ちょっとの心がけでなくなっていきます。日々の生活でちょっとずつでいいので今回紹介した方法を実行していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加